Home » Uncategorized » スロットの基本的な情報と打ち方

スロットの基本的な情報と打ち方

スロットはこんなゲーム


スロットを実際にやったことが無いという人でも、玩具で遊んだことがあったり、テレビや動画で見たことがあるので何となくイメージできるはずです。くるくると回転するリールを見ながら、同じ絵柄をそろえるゲームで、台によって絵柄は異なりますし、特殊な演出がある台もたくさんあります。基本的に3つの絵柄をそろえるので、ボタンも3つあります。必ず横一列にする必要は無く、斜めでもOKです。スロットは細かいルールなどは無く、機械を相手にしているのでブラックジャックやポーカーのように自分の順番を待つ必要も無いです。自分のタイミングで進行することが出来ますし、ストップをするタイミングも自分で決めることが出来ます。オンラインでも基本的なルールは同じです。


スロットの情報
初心者でも分かりやすい入門編


初心者の場合は左側からボタンを押していくのが一般的です。これはどの台でも共通しているので、はじめての台で遊ぶ場合や、スロット自体はじめてという人は左側から押していけば間違いないです。オンラインでも基本は同じなので、左側から押すということだけは覚えておくと良いです。オンラインの場合は実際の店舗とは違って静かにプレイすることができます。実際に店舗でスロットを打ったことがある人は分かると思いますが、店内は非常にうるさいので、初心者にとってはストレスがたまる環境です。大きな音楽によって心拍数は上がり、冷静さを失うこともあります。冷静さを失うと普段では考えられないなミスをします。その点オンラインは自宅でゆっくりプレイできるので安心です。
スロットの入門編

目押しというテクニック


スロットは目押しという打ち方があります。これは初心者にはお勧めしないテクニックで、知識と経験、慣れが必要です。回転するリールの特定の絵柄を狙うので、絵柄の順番を覚えておく必要があります。そのため、一定の準備は必要になります。最初のうちはリールのつなぎ目を基準にして、そこから絵柄を判断して行くのですが、慣れていくと全ての絵柄を判断することが出来るので、目押しの成功率も向上します。目線を上から下に落とすという練習が有名で、慣れてくると絵柄がはっきり見えるようになります。目押しは簡単に習得できるテクニックではないので、かなりの練習が必要です。動体視力が良い人は比較的簡単に習得できます。

スロットの基本的な情報を学ぶことで、より楽しくスロットをプレイすることが出来ます。スロットには色々なテクニックがあり、中でも目押しという打ち方を習得すると勝ちやすくなります。慣れると狙って絵柄をそろえることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website